2003-06-19


  • 今朝は台風の影響で雨が降ってたので普段より10分早く家を出た…のだが予想以上の大渋滞に巻き込まれてしまい会社には3分程遅刻してしまった… 🙁
  • 今日はホストコンピュータのメンテナンスの日で、18:00から作業を行う予定、メンテナンスと言っても単にRebootするだけなのだ…本来ならRebootなんてOSの入れ換えやらハードの追加などの時にしか行わないものなのだが、使っているうちにゴミが貯まって(一時領域の消去ミス?)しまうというなんともトホホなバグがあるのである…来月にはホストコンピュータを一新する予定なのでそれまでの辛抱(PTFを充てるためにはまる1日停止しなければ出来ないのだが、そんな事は出来るはずもないのである…)ということでここ1年間は毎月Rebootを行っているという状況だ… 🙁
  • 夜からは8mm->DVDの作業を行う…この作業を4月くらいからやりはじめているのだけど、それまではDVD-Rなら高画質な映像を2時間納められるとずーっと思っていた(実際にメーカーの宣伝文句ではそう言っているし、映画などを見ると確かにそうだと思った)…が、実際に作業を始めてみて分かったのだが(知識不足…)高画質(8Mbps以上)で納めようとすると1時間しか収まらない…これは現在市販されているDVD-Rが片面1層のものばかりで2層の物は無い、レコーダーも同じで2層の書き込みに対応しているものは私の知っている限りは無い…で、それで2時間を納めようと思うとどうしても標準画質(4-5Mbps)にしなければならない分けだ…まぁどうせMPEGなのでどうしても元の画質(まぁ元も大したものでは無いが…)のまま納める事が出来ないので諦めて標準で納めればいいのかも知れないが、大切な映像はやはり少しでもいい画質で残しておきたいものだ…
  • もうひとつ、なぜDVD-Rに残こすかと言うことだが、テープだとカビや繰り返し見る事によるメディアの劣化から逃れる為にその待避先としてそれを選んだわけだが、そのコーデックはやはりMPEGなわけでどうしてもソースのままの映像を残しておけないのである…と、言うことはやはり元の8mmも一緒に残しておかなければいけないわけで… 🙁
  • と、最近はこの作業をしながらいろいろごちゃごちゃ考えてしまう私がいたりする分けだが、ここは前向きに他の利点を挙げて自分を納得させておこう… 😀
  • 別の利点…「巻き戻し」「早送り」等の作業からの開放、これは結構重要だと思う家には8mmプレイヤーというものは無く、視聴する場合にはどうしてもビデオカメラをプレイヤーとして利用するのでそこで早送り、巻き戻しを行うのはどうしてもモーターへの負担とかを考えてしまい、あまりやりたくない…
  • 後は、トップに各シーンの一覧を出すことが出来るので見たいシーンを探す場合に重宝する、これも結構重要である、視聴する場合ってのは、ずらーっと続けて見る事は少ない筈で、実際には「あぁ、あの時のシーンをもう一度見たいなぁ」や、「ほら、あの時、あんな事があったよねぇ、ちょっと見てみようか」とこんな事が視聴する場合の動機だったりするのである、そういう場合に重宝する
  • と、ちと、まとまりがないが…考えていたらやっぱりいまやっている作業は無駄では無いなと納得する私だった…お後がよろしいようで… 🙂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

四角に当てはまる数字を入れてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.